【英語初心者】40代からの英語勉強法まとめ【40歳駐在員が解説】

英語学習ノウハウ
英語学習ノウハウ
  • 40代ですが、最近英語の必要性を感じ始めました。
  • 40代ですが、英語がもっと話せるようになりたいです。
  • この年齢からでも英語を話せるようになるでしょうか?

こんな疑問を解決します。

こんにちは。

この記事では、40代のやり直し英語学習として、効率的に学習できる方法を解説。同じ境遇のあなたにも参考になると思います。

私も2年前までは英語超初心者でしたが、今では海外で仕事をしています。短期間で英語上達できたノウハウや、使ったオンライン英会話、勉強本などの情報発信。ビジネスの現場でのリアルな英会話体験に基づいたリアルな情報発信をしています。

本記事の内容

  • 40代でも英語が話せるようになる英語学習の進め方
  • 40代でも英語学習がスイスイ進む英語学習のロードマップの立て方
  • ではいきましょう。

    40代が英語学習する最大の課題は”時間の確保”

    まず初めに結論ですが、いかに英語勉強に時間を割くかです

    結論:“英語”よりも、英語勉強に“時間を割くこと”に注力

    分かっとるわい。

    思われるかもしれませんが、事実、英語学習に時間がしっかり割けるか、確保できるかが最大の課題です。

    これから英語勉強を始める40代の方はまだ時間を割けてないですよね。

     ◎ 仕事が忙しい

     ◎ 家族との時間が必要だ

    などなど、いろんな理由があるでしょう。40代は、色んな事情で、勉強時間の確保が一層難しい年代です

    でもまずは、十分な時間を割きましょう。では、どれだけが十分か?割ける時間、割かなければいけない時間は人それぞれです。

    大事なポイントと具体的なロードマップについて本記事で解説します。

    具体的な勉強法を知りたいひとは以下の記事をお勧めします。

    また40代におすすめの勉強法は以下の記事を覗いてみてください。

    ➡(あわせて読みたい)【やり直し英語】40代の独学で英語学習|具体的な順序と方法(記事メンテ中)

    また、40代は若いころに比べ記憶力が衰えます。20代、30代と比較して、40代以降は、記憶力の衰えの著しさは、誰もが身をもって体感しているでしょう。でも、寝る時間を削ってまで英語学習して、体調を崩してしまっては、何のための英語学習かわかりません。

    それら踏まえて、40代を過ぎてから始める英語学習のポイントを解説します。

    40代を過ぎてからの英語勉強のポイントは3つ

    ポイントの説明の前に大事なことがあります。

    学校教育で覚えたことは無意味なので忘れる。

    ということです。大事なのは”忘れる”です。覚えていることに一切頼ってはいけません。何故なら、間違っているからです。合っていると思っていることすらも、間違っている事が多いので、必ず忘れることをお勧めします。

    例えば、英語学校で勉強したときって、ただひたすら英語⇒日本語で学びませんでしたか?英語は英語で考えなければ会話できる言語ではありません。それでは上達できないんです。

    ですので、学校教育で覚えたことは忘れてゼロから勉強していきましょう。

    では、40代を過ぎてからの英語学習のポイントを3つ解説します。

    ポイント①:時間を割く

    始めに書きましたが、一番大事なのは時間を割くことです。英会話習得、英語学習に年齢は関係ありません。

    大事なのはいかにして時間を割くか

    英語力は勉強時間に完全に比例します

    勉強とは、予習、復習、継続、これが大事であると学生の時に習いましたよね?

    40代にもなると勉強する機会が絶対的に減るため、勉強の仕方を忘れてしまうものです。でも何歳になってもその普遍的な事実は同じです。

    ポイント②:プランを立てる

    じゃ、どうやって時間を割けばいいのよ?

    時間を割くのもそれなりに大変だと思います。なんのプランもなしに普段作れていなかった時間を割くことはなかなか困難です。

    また、今から始めるんだ!そうだ!今から参考書買いにに行く!

    と思い立ったが吉日でいきなり始めるのもおすすめしません

    まず、あなたがやるべきは、

    どんな計画(日々どれぐらいの時間を、何の分野を)で勉強するかのプランを立てる

    です。

    会社勤めの方は、PDCAという言葉を聞いたことありませんか?

    PDCAサイクルとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返すことによって、生産管理や品質管理などの管理業務を継続的に改善していく手法のことですが、

    実は学習ということに関しても同じです。本記事後半では、このPDCAによるプランの立て方を解説しています。

    ポイント③:目標を明確にする

    さぁ、プランをたてて、時間をどれぐらい割くかを決めた。

    それで進めていったとして、続けることができますか?できるなら問題ありません。

    ですが、自分の目標(英語学習して何をしたいか、どんな自分になりたいか)が定まっていないと

    継続することが難しくなってきます。継続するには目標が大事です。

    40代を過ぎてからの英語勉強法 具体的なロードマッププラン

    では、

    • ポイント①:時間を割く
    • ポイント②:プランを立てる
    • ポイント③:目標を明確にする

    を具体化するためにも、実例を使って解説します。

    仮に自分の目標が

    『一人でアメリカに10日間海外旅行に行く。』

    とした場合でロードマップを立ててみましょう。

    プランの立て方

    では具体的なプランの立て方について解説します。

    下記3つの流れでプランを立てます。

    1. 目標を明確にする。
    2. 必要な英語要素と方法を知る
    3. プラン設定

    では、一つずつ解説します。

    目標を明確にする。

    あなたの英語学習の目標は明確ですか?

    必ず具体的に立てましょう。今回立てた目標は「一人で」「アメリカに」「10日間」というかなり具体的な目標をたてました。これで何が変わるかについて一つずつ解説します。

    まず、

    「一人」

     ⇒ 頼れる人がいないということになります。

    いつもは相方が、いろいろやってくれている、いつもは二人でなんとかなっている、そんな場合多いのでは?「一人」では、すべて自分でやる必要があります。空港ついてからの、入国、ホテルまでの移動、食事、移動、なとなど・・・。いろいろ想像できますよね?

    • 空港での英会話
    • 電車に乗るときの英会話
    • レストランに行くときの英会話

    「アメリカ」

    これによって何が変わるかというと、アメリカとイギリスでは現地人の発音が異なります。アメリカの方がネイティブなので、日本語英語がより通じない&聞き取れません。イギリス英語の発音は比較的日本語英語の発音でもわかる部分があります。これによって、英会話に通う、オンライン英会話をする場合もネイティブ講師プランを体験しておくほうがいいです。

    「10日間」

    10日間にはどんな意味が?10日間というと少し長いですよね?アメリカの場合時差もあるので、4泊なんてあっという間です。ですが10日の場合だと、いろんなことが起こります。何をするか具体的にして、それらに必要なシチュエーションを想像しましょう。

    • ふらっと買い物に行ったときに話しかけられる
    • 事故に巻き込まれる

    などなど。

    長期の旅行になると、予測しないことが起きたりするものです。可能な限り想像力を膨らませましょう。これら具体的な想像が、自分がそこへいったことをシミュレーションして、自分にスムーズにできないことは何かを考えましょう。その”自分に”できないことが、プランを立てるうえで重要な目標&到達地点になります。

    目標達成において、英語ができない自分を想像することが重要

    目標:『一人でアメリカに10日間海外旅行に行く。』の達成に必要なことは「ネイティブとの日常英会話(特に空港、レストラン、挨拶、買い物 etc」といえます。

    必要な英語要素と方法を知る

    では、ネイティブとの日常英会話に必要な要素とはなんでしょう?

    考えられる最低限の要素は以下です。

    • 中学英文法
    • 中学英単語
    • ネイティブ発音
    「中学英単語」「中学英文法」の勉強方法は以下で解説しています。

    ➡英単語も英文法も学習するのに最適なのはスタディサプリENGLISH新日常英会話

    (あわせて読みたい)スタディサプリスタディサプリENGLISH新日常英会話(記事メンテ中)

    ➡失敗しない英文法の学習方法は以下記事を参照してください

    ➡英単語の学習方法は以下を参考にしてみてください。

    (あわせて読みたい)効率的な英単語の覚え方【1年で10000語覚えた方法】(記事メンテ中)

    「ネイティブ発音」については、オンライン英会話をおすすめします。

    ➡オンライン英会話にもネイティブとの対話が可能なレッスンはいっぱいあります。

    ネイティブ講師にならうおすすめオンライン英会話は『ネイティブキャンプ』です。

    無料体験レッスンも1週間受け放題なので、興味がある人は体験レッスンお勧めします。

    ➡そのほかのネイティブ講師に習えるおすすめオンライン英会話はこちら

    ➡発音上達の教材でもOK

    (あわせて読みたい)発音上達教材(記事メンテ中)

    プラン設定

    では、ここまででそれぞれ何をしなければならないかは明確になりましたよね。

    • 中学英文法習得
    • オンライン英会話でネイティブとの会話になれる
    • 中学英単語を習得

    ここまで出来たら、それぞれの項目に対して、1日あるいは1週間でどれぐらい時間を割くかを決めます。

    • 中学英文法習得(2時間)
    • オンライン英会話でネイティブとの会話になれる (毎日25分)
    • 中学英単語を習得(30分)

    これで合計約3時間です。

    各項目の時間設定については、英文法に重きを置きましょう英単語は最後です。記事前半でも説明しましたが日常英会話の8割は350単語しか使われていません。これをどう継続していくかは、それはあなたの生活スタイルによります。

    ですが、このようにして、

    • 英語学習でやるべきこと(具体的な要素)
    • やるべきことにかける時間/かかる時間

    を、はっきり自分で決めましょう。

    自分の経験では、毎日3時間であれば、4か月もあれば、きっちり習得できます。ここで設定する時間や頻度によって自分が到達したいレベルまでの時間が変わるので、何か明確な期間があるなら、自分の成長とともに、プランを変えていきましょう。そこは柔軟な対応が必要です。

    これらをPDCA法に当てはめると、

    • まずPlan(プラン)を立てて
    • Do(やってみて)
    • 時間配分ややっていることが正しいかCheck(チェック)
    • そこからさらに改善のAction(行動)

    このサイクルを回すことが40代の英語学習に最適な手法と考えています。

    目標をもとに、プランを立てて、継続学習をしていきましょう。

    まとめ

    いかがでしょうか。

    最後にまとめます。

    • 超具体的な英語学習の目的・目標を立てる
    • 具体的な目標を達成するうえで、自分ができないことを明確にする
    • 自分ができないことに必要な英語の要素を明確にする。
    • 必要な英語の要素にかける時間を決める。
    • 自分の生活スタイルでその必要な時間を確保する。

    全く英語が喋れない40代でも、このマインド・方法であれば必ず英語が喋れるようになります。

    まずは、漠然と「英会話したい」「英単語覚えたい」ではなく具体的な目標を立てて

    そこに行く着くまでの自分を想像するところからはじめましょう

    では。

    【オンライン可】英語を短期習得する方法4選【最短1日~】
    英語が話せなくても海外で仕事ができる、なんて思ってますか? 甘いです。海外での仕事で英語が必要な理由と最短1日でしゃべれるようになる方法を解説!
    【AI支配】英語学習の必要性とは【結論:今後不勉強は会話できなくなる】
    AIが発達して将来英語が喋れなくても不自由しなくなるんでしょ?なんて思っている人は超甘いです。 英語学習の必要性について解説します。 不勉強で英語が喋れない人は、人口減と外国人比率増加により、孤立して会話出来なくなります。
    映画で英語学習する方法【結論:やり方簡単。初心者は要注意】
    映画で英語学習するには適切な方法でやりましょう。 ただただ英語音声、字幕なしではすぐ挫折します。 映画の英語学習で海外でビジネスができるようになった筆者(イチロ)が解説します!
    【聞き流して意味なし】英語リスニング上達のコツまとめ【おすすめ】どれも簡単
    リスニングは聞き流すだけでは上達できません。 リスニングにもコツと言えるポイントが存在します。 そのコツを押さえることで、簡単に上達できます!
    【楽しく!】超英語初心者がまずすべきこと5選【何からやれば?】
    全然英語が話せない、超初心者でも簡単に英語が話せるようになるために、まず何をすべきか。 この方法で超英語初心者だった筆者は海外で仕事ができるまでになりました!あなたにも必ず参考になるはずです。
    タイトルとURLをコピーしました